組込みモータ制御:マイクロチップの新しいマイクロコントローラファミリ

(Japanese) Microchipインテリジェント アナログ モジュール内蔵PIC®マイコンの紹介 (七月 2019).

$config[ads_text] not found
Anonim

組込みモータ制御:マイクロチップの新しいマイクロコントローラファミリ


マイクロコントローラの性能と統合の継続的な進展は、PIC32MKなどの製品ラインでも継続されます。

新しいPIC32MKファミリは、PIC32MK MCとPIC32MK GPの 2つのグループ(サブファミリー?)に分かれています。 部品番号や他の形式の製品識別情報はしばしば不明瞭ですが、この場合、「MC」および「GP」ラベルは心地よく簡単です:マイクロチップ社はMCサブファミリーがモータ制御アプリケーションに最適化されており、GPサブファミリーは汎用アプリケーションに最適化されています。 私は実際に汎用機能のために何かを 最適化する ことは可能であると確信していませんが、それは詳細です。 。 。 。

私は汎用デバイスには何の効果もありませんが、特定のアプリケーションを念頭に置いて設計されたマイクロコントローラのアイデアが気に入っています。 電子製品はますます多くのことが期待されており、同時により迅速に開発され、必要と思われる機能を既に細かく調整したマイクロコントローラを使用することができれば役立ちます。

MCUまたはDSP?

私の目を引くものの1つは、プロセッサ周波数:120MHzでした。 その後、私はDSPと浮動小数点演算のサポートに気付きました。もちろん、これは32ビットデバイス(PIC32MKという名前で示されています)です。 私にとって、これはマイクロコントローラとDSPの間の線が益々曖昧になっていることをより確かなものにしています。

私が最初に組み込みシステムで作業を始めたとき、120MHz、32ビットの浮動小数点デバイスを記述するために「マイクロコントローラ」という言葉を使用したとは思わないが、メーカーでさえそのようなデバイスを「MCU」と呼びます。 とにかく、私のここでのポイントは次のとおりです。これらの用語が高性能プロセッサであるという事実からあなたを逸らさないでください。要求の厳しいアプリケーションには完全に適しているかもしれません。基本的なマイクロコントローラを探しているならば、 。

特徴

マイクロチップの 図解

典型的な豊富なデジタルペリフェラル、アナログモジュール、オシレータ回路などがあることがわかります。 私の経験では、マイクロコントローラがADCを内蔵するのは非常に一般的ですが、DACとオペアンプはまれです。 MCサブファミリーは1つではなく4つのオンチップオペアンプを提供してくれることを感謝します。 ミックスド・シグナル設計では、オペアンプまたは2つ(または4つ)のオペアンプを必要とすることが非常に一般的であり、オンチップ・デバイスを使用する方がはるかに便利です。

マイクロコントローラに統合されたオペアンプは、その優れた性能では知られていないかもしれませんが、多くのアプリケーションがオンチップアンプによって提供されるあらゆる品質に対応できると私は推測しています。 あなたが間違いなく注意しなければならないことの1つは、安定性要件です。

負帰還シリーズ(特に第8回)を読んだら、一般的なオペアンプは、一般的なフィードバックベースのアンプ回路に組み込まれたときに発振する可能性が低いように、「内部補償」する必要があることを知っています。 しばしば、この補償は、オペアンプをユニティ・ゲインに設定し、適切な位相マージンを維持できるようなものです。 しかし、これは 常にそう とは限らず、PIC32MKファミリのオペアンプはすべての条件下でユニティ・ゲインで安定しているわけではありません。